蜂の駆除を終えた後は予防対策を実施

蜂は天井裏や壁の中にも巣を作るので注意しましょう

倉庫に巣をつくらせないために~自分でできる対策方法~

物置などの場所で蜂の巣を駆除した場合、まれに生き残った蜂が同じ場所に再度巣を作ってしまうことがあります。こうした現象を防ぐには蜂除け対策を実施し、蜂が二度と物置などの場所に近づかないように対処する必要があります。

効果的な駆除方法

簡単なのは殺虫スプレーの散布(蜂駆除業者/業界歴5年)

蜂の駆除などで使用される殺虫スプレーには、蜂などの虫に有効な忌避性成分が含まれています。そのためこうしたスプレーを建物の壁や軒下などに散布しておけば、蜂が建物に近寄るのを予防できます。しかしスプレーの効果は短期間しか持続しないため、長期間効果を発揮したい場合は定期的にスプレーの散布を実施しなければいけません。

蜂の生態を知ればトラップで駆除することも(蜂駆除業者/業界歴20年)

蜂は臭いにとても敏感であるため、酒やお酢などで作った誘引剤入りの手作りトラップを設置しておけば簡単に駆除することが可能です。誘引剤として使用する酒やお酢の臭いは2週間程で消えてしまうため、設置して2週間程経過した場合は誘引剤を交換する必要があります。ペットボトルに入り口を作るだけなので、誰でも手軽に作れますよ。

トラップや殺虫スプレーなどのアイテムを使用すれば、誰もが簡単に蜂予防を実施できるようになります。無理に蜂へ近づく必要が無いため、虫が嫌いな方や蜂に刺されることに不安や恐怖を感じている方にも便利な対策です。

業者に定期的に確認してもらう

住宅内に蜂の巣が作られないように対処したい場合は、駆除業者に住宅周辺の点検を依頼するのが最も有効です。最近はアフターサービスとして定期点検を実施してくれる業者が存在しており、住宅の安全を確実に守ることができます。

TOPボタン